Column

  1. ホーム
  2. SEM情報コラム
  3. 【リスティング豆情報4】キーワード探しはこれで!お役立ちツール紹介

【リスティング豆情報4】キーワード探しはこれで!お役立ちツール紹介

リスティング豆情報第4弾!

桜満開、巷ではすっかりお花見シーズン。

絶え間なく降り積もる花びら相手に、自宅マンションの掃除のおばちゃんが

「もう!キリがない!いい加減にして!!」

と朝からガチ切れしておりました。

 

風流ですね、、

 

はい、担当の瀧澤です。

 

さて今回はお役立ちツールの紹介です。

リスティングといえばやはり最初はキーワード出しから考えるわけですが

なかなか検索ユーザーを網羅できるほどのキーワードは

何もなしに考えただけでは出てくるのもではありません。

 

そこで、

今回紹介するのはこちら!

 

【関連キーワード取得ツール】

http://www.related-keywords.com/

 

こちらで関連ワードを登録すると

・登録ワード含む関連ワード

・登録ワードを含むGoogleのサジェスト(よく検索されている検索候補ワード)

のみならず、

・登録ワードを含む 教えて!goo の情報

・登録ワードを含む Yahoo!知恵袋 の情報

まで一気に情報を取得してくれます!

 

試しに「不動産投資」を登録して取得してみました。

すると、

「不動産投資」を含む関連ワードがなんと682ワード出てきました!

 

これだけ出てくれば、それまで出ていない

新たなワードを発見、追加するのも容易いですよね。

 

そしてもうひとつの活用方法としては、

除外するべきキーワードの候補も見つけられるってとこだと思います。

 

例えば上記で出てきたワードの中に

「不動産投資 騙された」

っていうネガティブワードが出てきてました。

これを検索した時、検索結果に自分が配信している広告が表示されたらどうでしょう?

きっと検索ユーザーに対する印象は良くないですよね。

なので、「騙された」は表示させないように除外設定に追加しようとなるわけです。

 

こんな感じで、追加ワードの発掘だけではなく、除外すべきワードもチェックできるがよいですね。

 

また、教えて!goo や Yahoo!知恵袋 では、

登録ワードに対する悩みや相談など、余は「検索ユーザーの声」が見れるわけです。

ここから、よりユーザー目線に立つことができ、

その悩みや相談を解消できるようなクリエイティブ作成をすすめることが可能でしょう。

 

ということで、

キーワードだけではなく、クリエイティブの面でも活用することができますので、

ぜひ利用してみてください!

 

 

それではまた次回。