Column

  1. ホーム
  2. SEM情報コラム
  3. 【リスティング豆知識13】Yahoo!SS デバイスをまたいだCVの測定の自動変更

【リスティング豆知識13】Yahoo!SS デバイスをまたいだCVの測定の自動変更

 

こんにちは!

リスティング豆知識、第13弾です!

 

今日は、Yahoo!スポンサードサーチの『デバイスをまたいだCVの測定』についてです。

 

 

2018年7月5日以降に新規設定したCVタグは、すべてデバイスをまたいでCVが測定されるようになりました。

CV数が増えて喜んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

2018年7月4日以前に設定されたCVタグに関しては、手動で設定を変更する必要がありましたが、2018年9/5(水)より、自動的にデバイスをまたいだCVの測定を「する」に変更されます!!

 

まだ対応していなかった・・

という方も、自動で設定が変更されるのでCVの動向に注意が必要です。

 

※変更の対象となるのは、「ウェブページ」と「電話発信」のコンバージョン測定のみ。

「アプリ」(アプリダウンロード用広告)のコンバージョン測定への変更はありません。

 

 

💡そもそもデバイスをまたいだCVって何?

 

スポンサードサーチでは、2018年1月24日以降、Cookie情報とログイン情報を利用して同一のユーザーと判断した場合、広告表示とは異なるデバイス(端末)での購入や登録の測定(デバイスをまたいだコンバージョンの測定)が可能です。

 

【従来】

従来のコンバージョン

【デバイスをまたいだコンバージョン測定】

デバイスをまたいだコンバージョン

 

 

特に「賃貸」「リフォーム・住宅設備」などのPC・スマートフォンの両デバイスでの検討が行われる業種では、CV数の増加率が高くなりそうですね!

※比較条件:2018/1/24-2/14の間にデバイスをまたいだコンバージョン測定を設定したアカウントの設定前後1週間を比較し、中央値を算出。 比較期間内にアカウント・キャンペーンの予算を変更せず、前後両期間でCVが5以上発生しているアカウントを対象
※検証対象アカウント数が10以上の業種から抜粋。増加率は中央値で算出。

 

 

デバイスをまたいだCVが計測できるようになり、今まで効果の見えていなかったキーワード等での効果が見えてきたりするかもしれません。

 

今後の動向が楽しみです♪

 

 

それでは、また次回!