Column

  1. ホーム
  2. SEM情報コラム
  3. 【リスティング豆知識18】Google検索広告×購買志向の強いユーザー層

【リスティング豆知識18】Google検索広告×購買志向の強いユーザー層

こんにちは!

今回は、

「Google検索広告に購買志向の強いユーザー層のターゲティングを掛け合わせた配信」

について紹介したいと思います!

 

購買志向の強いユーザー層へのターゲティングは

既にGDNでは設定可能でしたが2018年5月より、検索広告でも設定が可能になりました。

 

このターゲティングは

Google のシステムが以下の項目のデータを用いて機械学習を利用し、

購買意向が強い分野を認識します。

 

■直近の検索行動

■広告のクリック

■動画の閲覧

■アプリのダウンロード

 

””購買意向が強い””ユーザーへ広告を配信するため、

従来の検索広告のみでのターゲティングよりも

コンバージョンに近いユーザーに配信することが可能です。

 

また、コンバージョンする可能性が高いオーディエンス設定としてあるRLSAを、

ユーザーリストの規模が小さいなどの理由で利用できないアカウントでも、

できるだけコンバージョンする可能性があるユーザーへの配信設定ができる、

といったところもメリットになります!

 

購買志向の強いユーザー層は

Googleが用意した「自動車、乗り物」「金融サービス」などの様々なカテゴリから選択します。

カテゴリは2018年6月の時点で、大カテゴリ~小カテゴリ合わせて400以上あります。

細かいカテゴリまで用意されているため、

ご自身が広告運用されているサービス、商品に近いものはないか、

ぜひ確認してみてください!

 

設定方法は以下の画面から可能です。

設定するキャンペーンまたは広告グループに入り、

オーディエンスを選択し、

”ユーザーが積極的に調べている情報や立てている計画”

をクリックします。

 

 

今まで、オーディエンス配信はディスプレイ広告で使用するもの、

といったイメージが強かったのですが、

今後は検索広告と掛け合わせて新規顧客の獲得など、

うまく利用していかなければいけませんね!

 

それではまだ次回。