Column

  1. ホーム
  2. SEM情報コラム
  3. 【リスティング豆知識5】一度はハマる!配信設定の落とし穴

【リスティング豆知識5】一度はハマる!配信設定の落とし穴

リスティング豆知識第5弾!

担当の瀧澤です。

 

今日は配信設定の落とし穴ってことで

リスティング運用者なら誰もが経験していそうな

いわゆる”あるあるネタ”です。

 

いきなりですが、Yahooのスポンサードサーチで

ある設定をしたらいきなり配信ボリュームが落ちました

なんて経験をしたことはありませんか?

 

この、ある設定、、、

そう、サイトリターゲティング機能(GoogleではRLSA)です。

 

この機能としては

訪問者のリストを作成、設定することで

訪問履歴のあるユーザーと未訪問のユーザーに対して

広告の入札、余は広告の掲載順位を出しわけることができ、

訪問者については獲得意欲が高いと想定できるため上位に掲載、

それ以外のユーザーは掲載順位を落としてコスト抑制を図り

全体の獲得効率を高め、獲得単価を最適化できるのですが、

 

この訪問者リストを設定するときにトラップが!!

 

本来は、訪問者と未訪問者それぞれに出しわけるこの配信ですが、

訪問者リストの設定のみで対応を終えてしまうと、

配信対象ユーザーがデフォルトでターゲットリストのユーザー(訪問者)のみとなり

未訪問者に広告が出なくなってしまうのです。

 

これに気づかなければ、設定後からいきなり配信は大幅に減少し、

獲得機会を大きく失うことにも繋がります。

 

ただ、

あまりにこれにひっかかった人が多かったらしく、

現在は、デフォルトの設定が[ターゲットリストのユーザー]から[全ユーザー]に

変更になったみたいですね。

 

でもこれ、気を付けてください。

 

Yahooより抜粋

”2018年2月27日以前に作成済みのキャンペーン、および広告グループにターゲットリストを関連付けた場合の配信対象ユーザーの初期設定は、「ターゲットリストのユーザー」です。”

https://support-marketing.yahoo.co.jp/promotionalads/ss/articledetail?lan=ja&aid=7462

 

上記の通り、2018/2/27以前に作成済のキャンペーン、広告グループは対応していませんので

ハッとしたあなたは再確認を!

 

 

ではまた次回。