Column

  1. ホーム
  2. SEM情報コラム
  3. スーパーフレックス編【人材エージェント”D”のWeekly Report】

スーパーフレックス編【人材エージェント”D”のWeekly Report】

みなさまこんにちは!

『akahaiエージェント』で、日々みなさまの転職のお手伝いをさせて頂いている、

最近出来ていないPUBG_mobileを一日中やっていたいと思っているDと申します(PUBG_mobileは転職と一切関係ありません‥w)。

 

さて。

あっという間に令和2年も1ヶ月が終わろうとしていますね。

転職活動をされている方や、これから考えようとされている方も多いと思います。

これまでいくつか記事を書かせて頂きましたが、今回は違った角度のお話をしたいと思います。

タイトルにもしています、『スーパーフレックス』って聞いた事ありますか?

最近ようやく耳慣れしてきたかなって思いますが、実際そんな会社ってあるのかって疑問に思いません?

何度か記事にも書きましたが、我々『akahaiエージェント』は求人企業様に直接お伺いして、どういった人材が必要かインタビューをしております。

多様且つ変化の激しいデジタルマーケティング業界に特化した求人を扱っているため、各社の特徴をしっかり把握して求職者の方々により詳細にお伝えするため、事業立ち上げから4年経った今でもそこは変わっておりません。

この業界だからなのか、時代なのか。『スーパーフレックス』を実施されている。もしくは、これから検討している企業様が増えてきました。

改めて、スーパーフレックスって何?って話に触れておきますと、フレックスのコアタイム(出社していなくてはいけない時間)が無いバージョンです。‥‥単純にこれです。

フレックス制を取り入れている企業や事業部は多くありますが、働き方が自由になったとは言え、コアタイムがあるため、あまり自由労働の恩恵を受けられないと言われてきました。

そこで注目されて来たのが、『スーパーフレックス』です。

政府が推し進める働き方改革とも相まって、コアタイムが無い自由な働き方が出来るこの制度を導入される企業様が増えてきました。

決まった月間労働時間を働いていれば、何時に出社して何時に退社してもOK。

これであれば、自分の時間や子育てを重視しながら働ける方が増えてくるかもしれません。また、通勤ラッシュなんて無縁な生活になりますよね!

導入する企業側からしたら、不要な残業代を軽減できるかもしれません。また、優秀な人材確保にも繋がるかもしれません。

一方で、社内コミュニケーションや顧客対応が難しくなるケースもあるかと思いますが、そこは各企業様で工夫する必要がありそうですね。

前回の記事では転職満足度に触れましたが、今後スーパーフレックスを導入する企業が増えてきたら、このあたりの内容もランキングに入ってきそうですよね!

そんな求人をもっと知りたいと思った方は、是非ご登録を!

ではまた次週!!(不定期w)