Column

  1. ホーム
  2. SEM情報コラム
  3. ブロードメディア株式会社への転職お役立ち情報!売上や年収、社風について解説します
業界情報

ブロードメディア株式会社への転職お役立ち情報!売上や年収、社風について解説します

ブロードメディア株式会社への転職お役立ち情報!売上や年収、社風について解説します

皆さん、こんにちは。
今回は「ブロードメディア株式会社への転職を考えている」という人に向け、ブロードメディア株式会社の売上や社風、年収などについてお伝えしたいと思います。

是非参考にしてください。

事業概要や売上実績

ブロードメディア株式会社は、良質なコンテンツやサービスを人々に届けることと、豊かなコミュニティーの形成を手助けすることを目標とした企業です。

「ブロードバンドメディア」の略がブロードメディアという社風として冠されており、既存のメディア領域をより広げて、世界中で通用することがビジョンであると示しています。

主に「スタジオ・コンテンツ」「放送」「技術」「教育」の4分野から構成されているブロードメディアの事業内容は、各セグメントで機動的な連携を取りながら、相互に協力しあって豊かなコミュニティーを形成しています。

webやオンラインを通じて様々なコンテンツを楽しむことが主流となった現代ならではのビジネス展開により、同社に寄せられるニーズも高まっています。

ブロードメディアが実際に提供しているコンテンツとして、映画や番組・映像音声の制作、クラウドゲームなどが挙げられます。

グローバルネットワークや法人向け配信も取り扱いがあり、まさにターゲットを選ばず十人十色のユーザーが求める内容のコンテンツが制作・提供されているのが特徴的。

コンテンツの充実とともに技術領域での成長を繰り返すブロードメディアの売上高は、2020年時点で10,991百万円と公表されています。福利厚生の充実した職場環境と安定した業績から、転職のメリットも大きいといえるでしょう。

各種メディアを日ごろから楽しんでいる人や、コンテンツを生み出すクリエイティブなセンスをもつ人が活躍できる場面も期待できます。

 

スタジオコンテンツ

ブロードメディアグループでは、映画配給や番組販売、映像音声制作といった多岐にわたるスタジオコンテンツを手掛けています。

世界中の映画やテレビドラマ、アニメといった映像作品をオールライツで買い付け、国内で劇場配給・DVDやBlu-rayでの販売などを展開。字幕吹替や予告編・番組宣伝といった映像音声の制作も手掛けています。

中でも映像音声制作では、外国映画や海外テレビシリーズなどの日本語版制作や、視覚障がい者用音声解説の制作などといった変換・編集を主に手掛けており、日本だけではなく世界中の映像作品やコンテンツに携わるビジネスを展開。

音声収録やアフレコ収録から、映像の作成、ファイル変換までの作業を一貫して行っており、様々なコンテンツとかかわる場面が多いのが特徴です。

映画やドラマを中心としたエンタメ情報サイト「クランクイン!」や、最新トレンド・ライフスタイル情報を中心とした女性向け情報サイト「クランクイン!トレンド」といった、デジタルメディアに分類されるメディアの運営も同社が手掛けています。

映像作品が好きな人にとっては、好きなことを仕事にできる職場といえるでしょう。世界中で楽しまれている多くのコンテンツを、世の中にいきわたらせるための橋渡しを担っています。

 

技術領域のビジネス

多数のスタジオコンテンツ事業や放送事業を手掛けてきたブロードメディアグループでは、そのテクノロジーを最大限に生かした技術方面での事業も展開されています。

コンテンツを最適に配信するためのCDNサービスや、堅牢なセキュリティーを持つサービスの提供など…。IT化が進んでアナログからデジタルに切り替わりつつある昨今において、高いニーズを誇る分野での事業です。

業界向けに大容量のデータを伝送するCMオンラインや、インタラクティブ操作を可能にするクラウドゲーム配信など…その事業の方向性は多岐にわたるものです。

中でもセキュリティ事業では、グローバルな分散型エッジ・プラットフォームを展開する「Akamai」の日本における正規代理店としての立場を活かし、世界最高レベルのセキュアなサービスを提供中です。

不正攻撃からwebサイト・サービスを守るクラウドWAFの提供や、24時間365日体制のSOC、コンサルティング、運用サービスBBSecMSSの提供など…。

テラバイト単位の攻撃データも徹底して分析することにより、最新の脅威の一歩先を行くセキュリティー意識が維持されています。他にも、映画館のデジタルシネマ化に対して総合的なサポートを行うなど、世界中から求められる技術提供が強みです。

 

社風や年収例について

メディアコンテンツの提供や高いセキュリティ体制を誇る技術提供など、各種様々な方面でビジネスを展開しているブロードメディアでは、それぞれの方面で人材が募集されています。

技術サービス事業ではコンサルティング営業やカスタマーサポート、スタジオコンテンツ事業ではライターや編集スタッフを、教育サービス事業では教員や非常勤講師としての人材が募集されています。

クリエイティブな特技やコミュニケーションスキルを活かした経験など…応募者に適した職種が見つかりやすいでしょう。

ブロードメディアeスポーツ株式会社や、釣りビジョンなどのグループ会社でも人材が募集されています。

ブロードメディアでは、主体性や創造性、実行力を持った人材が求められています。世界に一つしかないコンテンツを取り扱うため、クリエイティブで独自のセンスを大切にする人物が適しているといえるでしょう。

問題点を的確に掴み、ポジティブな提案力を発揮できる人は採用時にもアピールポイントとなります。

ブロードメディアの平均年収例は670万円程度とされており、独自のセンスや技術力を発揮しキャリアアップも本人が望めば期待できます。昇給は年2回設定されており、積極的に人材に対する評価が行われています。

 

≪ブロードメディア株式会社への転職に興味のある方はこちら≫

>>アカハイエージェント無料登録フォーム