Column

  1. ホーム
  2. SEM情報コラム
  3. リスティング広告運用の求人票をしっかり理解するポイントとは?

リスティング広告運用の求人票をしっかり理解するポイントとは?

皆様こんにちは

アカハイエージェントの伊達男、川下です。

 

いきなりのご質問で申し訳ないのですが、皆様はリスティング広告運用の求人の内容しっかり理解できておりますでしょうか?

「求人票を読んでもいまいち内容が理解出来ないんです、、」

「これ実際にどういったお仕事を行うのでしょうか、、」

 

こういったお話をいただくことが非常に多いです。

たしかにリスティング広告の求人ってすごく理解しづらいですよね。

WEB広告の業界って業界用語や横文字が非常に多いのはもちろん、簡潔過ぎて具体的にイメージがしづらいのだと思います。

今日はそんなお悩みを持った皆さまに、少しでもご理解できるように見るべきポイントや業界用語などを少しお話できればと思います。

 

例)
■業務内容
Webマーケティングのコンサルタントとして、施策提案、レポート作成などを通して、クライアントの望む成果を上げることに注力していただきます。

〇具体的には、、
・Web広告運用
└Google広告、yahoo広告のリスティング広告全般
プランニングから運用まで
・各種データ分析
└Googleアナリティクスを利用したサイト分析
└ヒートマップなどの可視化できるツールでの分析
・クライアントの課題解決
└施策やKPI、ロードマップの提案・実行・効果の最大化
└他施策との連携、サイト全体の分析

 

・・・

 

もう何が何だかじゃないですか?(笑)

業界経験の豊富な方であれば何となくイメージ出来るかと思いますが、ご経験歴の短い方は理解するのになかなか苦労するかと思います。

まずこれだけ短い内容の中にめちゃめちゃ業界用語入ってますしね(笑)

 

まずは簡単にWEB広告のお仕事の一連の流れを整理していきましょう。

 

・WEB広告の営業

・成約

・配信開始までの準備(アカウントを開設したり初期設定をしたり)

・配信開始

1ヵ月間の数字のデータ集計、お客様(クライアント)に報告&次月の施策発表

 

わかりやすく記載するとこんな感じになります。
例でだした求人票にはこちらの内容や更に詳細が記載されております。

大手代理店とかになると、この内容を分業制でやっている会社もありますね!

更に例の中に入っている業界用語の意味は、

・クライアント⇒お客様(企業)
・Google広告、yahoo広告⇒リスティング広告(運用型広告)
・プランニング⇒3か月後、半年後、1年後などのスパンでの計画
・Googleアナリティクス⇒リスティング広告の配信結果を分析、解析などする為のツール
・ヒートマップ⇒WEBサイト内でのユーザーの動きなどを分析、解析するツール
・KPI⇒目標となる具体的な日程と数値を決めること

こんな感じです。

 

結論この会社は一貫性を取っており、施策の提案から実際のリスティング広告運用、レポート作成、報告までを1人で行っていただきます。

といった内容の求人になります。

理解するポイントとしては、

 

①営業は行うのかどうか?※新規の営業なのか、反響営業なのか、それともやらないのか?

②わからない業界用語はまず調べ、理解したうえで一読す

③1人でどこまでの範囲を行うのか?

 

この3つを意識していれば、リスティング広告運用の求人の中身がしっかり理解出来てくるかと思います!

更にアカハイエージェントではこれにプラスして、1人当たりの案件数や予算規模、案件詳細など細かくヒヤリングを行っておりますので、入社してからのミスマッチを限りなくそぎ落とすことが出来ております!

 

広告代理店が行っている転職支援サービスだからこそ出来ることだと思いますの、リスティング広告のお仕事や求人、転職でお困りの方は是非一度ご相談してくださいね!

 

それではまた次回!

 

▽リスティング広告関係でご転職はこちらより
https://akahaiagent.jp/person/