Column

  1. ホーム
  2. SEM情報コラム
  3. 転職する時にさけては通れない面接編【人材エージェント”D”のWeekly Report】

転職する時にさけては通れない面接編【人材エージェント”D”のWeekly Report】

みなさまこんにちは!

『akahaiエージェント』で日々みなさまの転職のお手伝いをさせて頂いている、

コロナウィルスによる偏見は絶対許さないDでございます。

 

さて。今回のタイトルは転職をする時に避けては通れない、面接についてです。

縁故採用とか知り合いの会社の社長さんにお世話になる人は、もしかしたら不要かもしれませんが、大抵の人は避けては通れないですよね〜

実は私。以前勤めていた会社で、半年ぐらい毎日2人と面接をしていました(1次面接)w

新卒の面接もしていたので、面接した数はもう覚えていません‥w

という私から皆様に何かお伝えできる事があればと思って本日はタイピング致します!

この題材っていろんなところで記事になってますし、何なら人材紹介会社ならあるあるで書いてありそうなので、完全に私見で私が面接するならって事を書きますね。

まぁ、重複することもあるかと思いますが、それはそれでやっぱりそうなんだとか思って頂ければ。

 

履歴書とか職務経歴書の書き方については別の機会として、そこはしっかり書かれている事を前提としますね。

 

【見た目編】

・面接官を待っている時の姿

・ノート(メモ)を開いているか(何も書かなくても可!)

・身だしなみがしっかりしているか

・笑顔で話せているか

 

【受け答え編】

・質問を理解しているか

・質問を質問で返してこないか

・結論から話せているか

・話は長くないか

・自分のことを話せているか

・入社意欲はあるか

 

【その他】

・敬語がきれいか

・話を聞く時の目線、話している時の目線

 

です。

また次週!って締めても良いぐらいです。これで完結です。ちょっと多いですが、よく見たら一貫していますし、当たり前のことしかないです。

それぞれに補足して本当に今回は締めますねw

 

【見た目編】

・面接官を待っている時の姿

→猫背とかあくびとかダメよ。できれば軽く口角は上げ気味が良いです。

ただ、面接する場所にその会社オリジナルの何か(例えば社員の写真とか?)があれば見ていてOKです。

後で質問できるし、何なら面接官の方からいきなり『お、それはね〜』的な事になったりします。

・ノート(メモ)を開いているか(何も書かなくても可!)

→入社意欲に繋がる事です。興味あるのか。この面接にどれだけ真剣かをアピールするツールだと思って下さい。

・身だしなみがしっかりしているか

→このご時世ですから、スーツじゃなくても良いですよーって事前に言われる場合があります。ただ、私服ってその人の個性が出るもので逆に難しいパターンありますよね。

どっちにしても、自分のサイズにあった服を着ているか。シワがないか(デザインならしゃーないw)。要は、細部にまで気を配れているかを見られています。

・笑顔で話せているか

→緊張するのはわかります。そこは差し引いてくれますのでご安心を。ただ、それすら伝わらないぐらい笑顔0はNGです。

 

【受け答え編】

・質問を理解しているか

→的はずれな答えをするぐらいなら、『〜というご質問で宜しいでしょうか』って聞いちゃいましょう。ただし、オウム返しはNGです。聞いてんのか!?ってなります。

・質問を質問で返してこないか

→前文と同様ですね。もしくは、『逆にどうですか?』的なのもNGですw

・結論から話せているか

→何を伝えたいんだろうとか、結局何が言いたかったんだろうって思う人いません?面接官も同じです。思ってます。だったら、『こうです』『なぜなら』って言う話し方の方が絶対良いです。

・話は長くないか

→前文同様です。自己PRをしたいと思う方もいると思いますが、最後にその時間を作ってもらえますから焦らず!

・自分のことを話せているか

→冒頭にも言いましたが、面接対策の記事とか参考書って山程あります。そこに載っていた通りに話すのはダメ!絶対!参考にする程度で、必ず自分の事を話しましょう。面接官もそういう記事とか見てますよ〜

・入社意欲はあるか

→これ、エージェントに紹介されましたって方が結構います。大体不採用になります。

だってそうでしょ?『なんで入りたいの?』『紹介されたので‥』はい落選。『なんで私(俺)と付き合いたいの?』『紹介されたから‥』絶対付き合いませんよね?全く同じです。

 

【その他】

・敬語がきれいか

→まぁ、これは最近気にしない企業様も多いですが、今回は私ならって話なので、気にします!無理に知らない敬語や謙譲語を使う必要はありませんが、どういった環境でどう過ごしてきたかが大体わかります。

・話を聞く時の目線、話している時の目線

→話を聞く時は、相手の目を見て。話す時もそうなんですが、ガン見しなくて良いです。ただし、上目遣いや、天井を見るとか、キョロキョロしまくってるのは作り話って思われる(バレる)ので注意しましょう。

 

以上です!w

『akahaiエージェント』では、どのエージェントでも模擬面接や対策も細かく丁寧にやっています!ご興味がある方は是非ご登録を!

ではまた次週!!(不定期w)